食べログで口コミ投稿しながら観光グルメ情報をまとめたブログです。 東京食べ歩きをしながら周辺の気になるスポットも紹介していきます。
はじめまして(*^^*)まりあてぃーたいむです。
食べログを書いてましたがコロナを機にブログオンリーで活動する事にしました。
食べることや観光に行くのが好きでよく出掛ける時にネットで美味しい店や面白い観光スポットがないか探したりするのですが中々いいタイミングで見つからずに歯がゆい思いをしたことがよくありました。
同じようにネットで情報を探してる方のお手伝いが少しでも出来ればと思いブログを作成しました。
ブログのタイトルは【地域】店名【訪問回数】【ブログの紹介文】となっています。
ブログ内検索も設置しているので是非気になるワードで調べてみて下さいね♪
古い情報もあるので訪問の際は最新情報をホームページなどで確認するのをおすすめします。
まだまだグルメ情報が少ないですが徐々に増やしていく予定ですのでよろしくお願いします♪

DSC05139
 


うかいグループの銀座、表参道と過去二店舗行きましたがどちらも大満足でした。
あの感動を旦那にも体感して欲しい!と思って今回は『うかい鳥山』に行くために高尾山口に行って来ました。
事前にバッチリ個室の予約もしてあります。

CYMERA_20180715_191233

高尾山口駅に到着して『うかい鳥山』の無料シャトルバスのバス停を探そうとするとすぐに見つかりました。

DSC05046

凄く分かりやすかったので探す必要が無かったです。

DSC05051

シャトルバスに乗ってうかい鳥山に到着すると想像以上に雰囲気が良さそうです。

DSC05053

DSC05057

梅雨から夏にかけてホタル狩りのイベントも行っているようです。

DSC05058

DSC05059

その日も夜はホタルが見れるそうなのですが旦那に予定があったので昼間の訪問にしました。
悔しいので来年は蛍を見に行きたいです。

DSC05056

DSC05065

受付で予約した事を伝えてから店内の休憩スペースでのんびりします。

DSC05064

DSC05054

お土産の販売もしています。

DSC05066

うかい鳥山のオリジナル商品もあってどれも気になって買いたかったのですが旦那に止められました。

DSC05069

まだ時間があったので外の庭園もちょっと散歩してみました。

DSC05070

DSC05071

川や森のマイナスイオンに癒されますね。

DSC05075

DSC05076

そば茶を飲めるスペースもあります。

DSC05078

高尾の自然を感じながらお茶を飲んでほっと一息つく瞬間は幸せですね。

DSC05079

DSC05081

DSC05082

高尾の岩清水も飲めますよ♪

DSC05084

時間になると個室に案内してもらえます。

DSC05092

DSC05187

DSC05191

敷地内には離れが沢山あり、山奥の集落にたどり着いてしまったような気分になります。

DSC05091

途中、鮎の焼き場がありました。

DSC05106

暫く歩くとお部屋に到着。

DSC05093

お洒落な雰囲気にテンションが上がります。

DSC05094

DSC05163

DSC05164

外には川や小さな滝が見えて夜はホタルが見れそうですね。

DSC05166

DSC05138

DSC05107

今回は牛鶏いろり炭火焼きコースと追加で名物鯉洗いにしました。

DSC05101

DSC05104

DSC05105

DSC05096

DSC05097

DSC05098

DSC05099

DSC05100

飲み物は名物竹酒と生ビールを注文。

DSC05117

まず出てきたのは豆乳豆腐長芋素麺、いちじく白酢和えです。

DSC05119

豆乳豆腐長芋素麺は私が紫蘇が苦手な事を伝えると紫蘇のかわりにミョウガをトッピングして用意ひてくれました。
旦那のは紫蘇です。

DSC05123

いちじく白酢和えはさっぱりしてて美味しいです。

DSC05120

どちらもお酒のオツマミにぴったりです。

DSC05115

旦那は大好きな生ビールににんまり。

DSC05116

私は名物竹酒のインスタ映えなルックスに大興奮。 
さっそく竹酒を飲んでみると全然癖が無くて飲みやすい。
前に日本酒を飲んだ時はアルコールがきつくて駄目だったのですがこのお酒は飲みやすいです。

DSC05124

蓮根饅頭は冬瓜とおくらが添えられています。
冬瓜ってあんまり食べたことが無いのですがダシがよく染み込んでいて美味しいですね。

DSC05130

沢煮汁はお酒の後に嬉しい優しい味わい。

DSC05129

鮎の塩焼きは頭から尻尾まで食べれる柔らかさです。

DSC05131

骨も全然気にならないです。

DSC05133

鮎のはらわたは苦味が少ないので取らずに食べれるのですが、このほんのりとした苦味が酒に合う!
追加注文した名物鯉洗いは酢味噌がついてくるのでそれにつけて食べます。 

DSC05126

鯉自体に臭みが全く無くてプリプリの身がたまらないです。

DSC05127

酢味噌好きなのであっという間に食べちゃいました。
ちなみに鯉洗いも酒に合いますね。
酒に合う、酒に合う連呼したい年頃です。
続いては待ちに待ったいろり炭火焼きです!

DSC05136

熱々の炭が部屋に運ばれます。
入った瞬間室温がぐっと上がりますが安心さてください。
部屋にエアコンがあります!

DSC05139

まずは牛串から焼いていきます。

DSC05140

お店の方が焼いてくれました。

DSC05142

うかいグループで牛肉……もしや、うかい牛!?と思って聞いてみるとうかい牛では無いそうです。残念!
鶏肉はうかい鶏だそうですよ。
お肉に味噌をつけて食べると美味しいとのことで食べてみると美味しすぎて感動です。

DSC05145

この味噌は売店にも売られていたのですが荷物になるからと旦那に阻止されたのが今思い出しても悔しいです。

DSC05144

鶏串はまず焼いてからタレをつけて二度焼きするそうです。

DSC05146

お店の方が全部焼いてくれるかと思ったら鶏肉の途中まででした。
鶏串はプリプリで柔らかくてジューシーなうかい鶏の美味しさがたまりません!

DSC05151

うかい牛を崇拝してましたがうかい鶏も崇拝したくなるほど美味しいですね。
先程の味噌をつけて食べると更に美味しいです。

DSC05152

野菜串は今回はししとうとしいたけでした。

DSC05156

じっくり焼いて食べました! 

DSC05153

なんだか串で焼くって楽しいですね。
朴葉焼きは真ん中で焼くと焦げるので注意が必要です。

DSC05158

中には朴葉味噌と鶏のムネ肉が入っています。

DSC05159

鶏そぼろわっぱ飯は味噌汁と漬け物がついてきます。

DSC05160

DSC05161

鶏そぼろとご飯の組み合わせが美味しいのは勿論ですが漬け物まで美味しいのには感動しました。

DSC05162

ちなみに漬け物も売店で販売してました!

DSC05165

最後のデザートは水ようかんでした。
黒蜜が入っていて甘いけれどさっぱりとした夏にぴったりのデザートでした。

DSC05167

思ったよりお腹いっぱいになり大満足の私達夫婦はせっかくなので食後のお散歩に庭園の散策。

DSC05169

DSC05170

DSC05171

花が沢山咲いていたり中々見ごたえがあります。

DSC05176

DSC05179

DSC05178

DSC05177

DSC05183

そば茶が飲める休憩スペースもあります。

DSC05172

DSC05173

水車の裏を覗けたりするのもいいですね。

DSC05174

DSC05175

思ったより広くて何だかご飯を食べに来ただけなのに旅行気分まで味わえました。

DSC05180

DSC05181

DSC05184

帰りのバスは近くにある同じくうかいグループのうかい竹亭にも停まりましたが外から見るだけでも雰囲気が良さそうで今度はそちらにもお邪魔したいですね。

DSC05194

DSC05198

DSC05199

今回のうかい鳥山のほたる狩りのイベントは行けませんでしたが、秋にはお月見イベントもあるようなのでそちらも気になりますね。
 
DSC05195

DSC05196

DSC05197

ただ食べるだけじゃなくて旅行したような満足感まで味わえる素敵なお店でした。
また行きたいですね。

関連ランキング:懐石・会席料理 | 高尾山口駅高尾駅狭間駅


スポンサードリンク
楽天市場
記事検索
カテゴリー