食べログで口コミ投稿しながら観光グルメ情報をまとめたブログです。 東京食べ歩きをしながら周辺の気になるスポットも紹介していきます。
はじめまして(*^^*)まりあてぃーたいむです。
食べログを書いてましたがコロナを機にブログオンリーで活動する事にしました。
食べることや観光に行くのが好きでよく出掛ける時にネットで美味しい店や面白い観光スポットがないか探したりするのですが中々いいタイミングで見つからずに歯がゆい思いをしたことがよくありました。
同じようにネットで情報を探してる方のお手伝いが少しでも出来ればと思いブログを作成しました。
ブログのタイトルは【地域】店名【訪問回数】【ブログの紹介文】となっています。
ブログ内検索も設置しているので是非気になるワードで調べてみて下さいね♪
古い情報もあるので訪問の際は最新情報をホームページなどで確認するのをおすすめします。
まだまだグルメ情報が少ないですが徐々に増やしていく予定ですのでよろしくお願いします♪

DSC04754



伊東の歴史ある温泉旅館『東海館』
現在は観光文化施設になっていて伝統的な日本の建築様式を楽しむことが出来ます。

DSC04919

映画化もした人気漫画『テルマエ・ロマエ』で東海館をモデルにした旅館が紹介されたそうです。

DSC04752

ちなみに隣の建物も入り口が似ていますがこちらはゲストハウスになっていました。
ケイズハウス伊東温泉のページ 

DSC04757

東海館は日帰り入浴も楽しむことが出来ます。
日帰り入浴は土日祝日のみのようですね。

DSC04755

日帰り入浴は大人500円小人300円。
入館料は大人200円小人100円。

DSC04759

嬉しいことに館内は撮影自由です。
他にお客さんがほとんどいなかったので沢山写真を撮ってしまいました。

DSC04761

旅行で荷物が多い方の為に荷物置場もあります。

DSC04764

DSC04765

荷物を置いたら順路に従って見学スタートです。

DSC04766

旅館を営業していた頃の法被も飾られています。

DSC04767

創業が昭和3年ですか、歴史を感じますね。

DSC04768

ご当地ピンズが売られていました。

DSC04771

観光施設のパンフレットも置かれています。

DSC04772

平日だったのでやってませんでしたが奥には浴場があるようです。

DSC04775

DSC04777

通路を見てるだけでも建築美を感じられますね。

DSC04778

中庭からの明かりがいいですね。

DSC04779

耐震補強の様子なども見学出来ます。

DSC04783

DSC04784

DSC04785

DSC04786

客室も見学出来ます。

DSC04788

DSC04789

広縁の窓から見える景色もいいですね。

DSC04794

和室っていいですね。

DSC04795

DSC04796

DSC04797

DSC04798

DSC04800

東海館の階段は結構、急な階段なのでスリッパが何度も脱げそうになります。

DSC04801

DSC04802

DSC04803

じっくり見たらそれなりに時間がかかりそうな展示の数です。

DSC04804

DSC04805

DSC04806

DSC04807

東海館のすぐ近くにある木下杢太郎記念館の木下杢太郎の展示もありました。
伊東観光協会 木下杢太郎記念館のページ

DSC04808

DSC04809
 
DSC04810

DSC04815

懐かしさを感じさせるレトロな絵葉書。

DSC04811

DSC04812

DSC04813

ふらふらと歩いてると怖すぎる展示を発見!

DSC04814

昭和レトロから一気にホラーに!

DSC04816

DSC04817

一人で来たら泣いてました。

DSC04818
 
旦那はこの笑ってるお面が怖かったそうです。

DSC04820

DSC04819

手前に飾られているどんどろ人形は魔除けにいいということで販売もしているようです。

DSC04825

DSC04826

急に明るい場所に出たと思ったら彫刻の展示スペースでした。

DSC04827

彫刻はどれも重岡建治先生の作品のようです。

DSC04831

東海館に来る前にすぐ近くのなぎさ公園に立ち寄ったのですが、重岡建治先生の彫刻作品が沢山ありました。

DSC04828

なので彫刻家について全く詳しくない私達夫婦でも『あの作品を作った人か!』とピーンときました。

DSC04829

展示物が沢山あって見応えがありますね。

DSC04830

DSC04832

DSC04833

DSC04835

写真を何枚か撮っていたら旦那と写真のセンスを勝負することになりました。

DSC04838

↑旦那撮影
↓私撮影

DSC04837

同じ作品でも見る角度によって全然違う表情を見せるのが彫刻の面白いところですよね。

DSC04839

なんて彫刻の知識もないのに知ったかぶりしてみます。

DSC04840

DSC04841

日露戦争で連合艦隊司令長官だった東郷平八郎元帥の展示がありました。

DSC04842

伊東市にある東郷平八郎元帥の別荘が記念館になっていて見学もできるそうです。
伊東観光協会 東郷記念館のページ

DSC04843

DSC04844

DSC04845

DSC04846

伊東の文化発展に尽くした伊東祐親の展示もありました。

DSC04847

等身大のイラストも展示されています。

DSC04848

DSC04852

DSC04853

DSC04849

伊東祐親まつりなんてのも開催されているようですね。

DSC04854

DSC04856

ウィリアム・アダムスによる日本初の洋式帆船を建造した場所が伊東。

DSC04858

船の模型などが展示されていました。

DSC04859

DSC04860

DSC04861

DSC04862

DSC04863

DSC04866

結構、展示も見れたしこれで終わりかと思っていたらまた階段があります。

DSC04867

DSC04876

DSC04868

いよいよ3階です。
想像していたより時間も体力もいりますね。

DSC04869

DSC04870

DSC04871

DSC04872

DSC04873

3階からだと1階とはまた全然違った景色になりますね。

DSC04875

DSC04879

DSC04880

DSC04881

DSC04882

DSC04878

何やら向こうに人影があります。

DSC04883

何だかなぁ

DSC04884

怖いなぁ~と思いながら近づくと

DSC04886

DSC04887

DSC04888

べっぴんな芸者さんがいました!

DSC04889

大広間ではかつて宴会で賑わっていたようですね。

DSC04885

DSC04893

続いて4階は展望室になっています、

DSC04895

とても見晴らしがいいです。

DSC04898

昭和初期は周りの建物が低いはずですから、もっと遠くまで見えたのかもしれません。

DSC04900

旦那は景色よりも屋根の形を見て、中庭に雨が全部流れてしまうのではと心配していました。

DSC04914

最後に喫茶室でお茶をして見学を終了しました。
東海館喫茶室のブログ記事はこちら
サクッと見たつもりでしたが見学に2時間近くかかりました。

DSC04693
 
想像していたより様々な展示があって楽しめました。
伊東に行くなら是非、立ち寄って欲しい観光スポットですね♪

【東海館】
〒414-0022
静岡県伊東市東松原町12−10
0557-36-2004

伊東観光協会ホームページ 

スポンサードリンク
楽天市場
記事検索
カテゴリー